愛犬に理想的なドッグフードの選び方をご紹介!

家族の一員である愛犬のドッグフード選び!人にとっても動物にとっても食事は大切なことです。

 

でも、ドッグフード選びって難しいですよね。人間が食べるものでもそうですが、種類が多すぎてどれを選んでよいのか分からない方も多いと思います。

 

結局、価格や口コミ、量、便利さなど、簡単にドッグフードを選んでしまっている方は少なくないと思います。でも、それではワンちゃんに可哀想です。

 

そこで今回は、理想的なドッグフードの選び方をご紹介したいと思います。

 

 

コストパフォーマンスに優れたドッグフードを選ぶ!

ドッグフードの予算に金額の糸目をつけないという方ならいざ知らず、平均的な家庭でしたら生活上、コストパフォーマンスに優れたドッグフード選びをしたいものです。

 

出せる金額としてはドッグフードの量が1kgで1000円ほど、余裕がある方は2kgで2000円以上というところでしょう。1kgで500円以下のエサは品質に不安がある製品が多いので、基本的には避けるべきです。あまりに安い製品を選んでいると、結果的に不健康になって医療費が嵩むということになりかねません。

 

品質で選ぶのであれば、一定の目安があります。まずは原材料を確認しましょう。

 

  • 一番最初にチキン、サーモンなどの主成分が来る。穀類が最初に来ているフードは総じて安物のかさ増しの可能性大。
  • 添加物が出来るだけ少ないものを選ぶ。添加物が全くないものは高級になる傾向があるので、予算によっては必ずしも添加物なしを選ばなくてもいい。

 

品質表示の成分は多く含まれる順に表示されているので、原材料表示の順番も大事です。犬に穀類は全く意味がない成分の一つで、ペットフード界隈ではかさ増し要因として使われています。

 

添加物で有名なものと言えば着色料などがありますが、カラフルなドッグフードほど安物が多い傾向にあります。これは冷静に考えると、健康に害する可能性はあっても、動物にとっては全く意味のないものだということが分かります。基本的には天然由来のほうが良いというのは人間の食品の世界でも同じです。と言っても、あくまでも製品によります。そこまでナーバスにならなくてもいいかもしれません。

 

1kg辺り1000円辺りの予算では、無添加と言える製品を選ぶのは中々難しいかもしれませんが、サイフにも優しいコストパフォーマンスを求める層の需要がある値段帯です。出来るだけ添加物が少なくて、主成分が穀類ではなく肉や魚が来るものを選びましょう。それよりも上の製品を選ぶのであれば、予算の見直しが必要かもしれません。

 

 

ワンちゃんのサイズによってフードを選ぶ!

犬のサイズは主に小型犬、中型犬、大型犬に分かれます。まずは、愛犬がどれに当てはまるのかをチェックして下さい。

 

これら犬のサイズは、必要な栄養素やカロリーが異なっていますし、小型犬用、中型犬用、大型犬用など、ドッグフードの特徴も変わってくるので、しっかりと自分の愛犬に適した種類のドッグフードを選んで下さい。

 

例えば、小型犬ならカロリーが高めに作られており、歯垢・歯石を抑制する工夫をしているドッグフードが多いです。中型犬なら運動量が多いこともあり、たんぱく質やミネラルなど多く含まれており、抗酸化作用に配慮したドッグフードになっています。大型犬なら胃に負担を与えないため、消化器官などをサポートしてくれる成分を多く含むドッグフードになっています。

 

 

ライフステージによってフードを選ぶ!

愛犬の成長段階においても、それに適したドッグフードを選んであげないといけません!

 

犬も年齢を重ねるごとに運動量や代謝機能が低下してしまい、それに伴って骨筋肉量も少なくなってしまいます。すると、必要な栄養素も変わってくるので注意が必要です。

 

  • 生後約6ヶ月までは子犬
  • 1歳〜7歳くらいまでは成犬
  • 7歳以上は老犬

 

簡単に説明するとこんな感じになっています。
上記のライフステージによって自分のワンちゃんがどのドッグフードを食べればよいのか選んで下さい。

 

ライフステージによる注意点!

例えば、老犬のワンちゃんでも小型犬のドッグフードと大型犬のドッグフードでは、成分が少し異なってくるため、犬種の特徴や大きさを確認して、適切なドッグフードを選ぶ事が大切です!

 

 

まとめ

愛犬に与える理想的なドッグフードの選び方をご紹介しましたが、皆さんいかがでしたでしょうか。やっぱりコスパは大事な選び方の一つですが、ただ安いだけではダメだと言うことがわかったかと思います。

 

犬のサイズやライフステージに合わせてドッグフードを選ぶことも大切です!ちょっと価格は高いのですが、カナガンドッグフードと言う品質の良いドッグフードもおすすめですよ!